スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ver.6.0.0の仕様変更のこと【にゃんこ大戦争】

2017年4月24日、にゃんこ大戦争がVer.6.0.0に大型バージョンアップされました。

カクムーなどの一部のキャラが連続攻撃になったり、ガメレオンがまさかの第三進化したりとしましたが、今回ちょっと書きたくなったのは、ノックバックしたときのキャラの挙動です。
とりあえず今は文章だけで。後からスクショを付け足す予定です。面倒なのでスクショはなしで(笑)

これまでは、敵がノックバックしたら、その瞬間だけキャラの存在が消失し、そのぶんだけ味方キャラが前進しました。
にゃんこ砲を撃ったりスニャイパーが当たったりすると味方キャラがちょっと前進するアレです。

これが、今回のアップデートで修正され、ノックバックしても敵の存在が残ることになりました。これにより、味方キャラが敵にめり込むことがなく、すり抜けすることもなくなりました。
敵から見ても同じなようです。チャレンジモードでノックバック回数が多めのキャラを1体出して城を叩くとブラックマが出ますが、これまではこちらのキャラがノックバックしたらブラックマが一気に侵攻してきましたが、今はキャラが昇天するまでブラックマは後ろで腕を振り続けて攻撃が空振りしています。

今回の仕様変更にはいくつかのメリット・デメリットがあります。
検証が必要だと思ったこともメモとして書いておきます。これにて完了。

長いので続きを押してください。
メリットはいくつかあります。
1つめ
キャラが無駄に前進しなくなりました。
これにより、射程が長いけど移動が速いキャラ、(ヴァル、メギドラ、ピーチスター、ウーウー、コスモ等)が無駄に突っ込んで自滅する心配がなくなりました。よって、にゃんこ砲を撃つタイミングやスニャイパーにそこまで気を遣わなくてよくなりました。
狂乱ムートやかむくらも無駄な前進がなくなることで、ウルルンやバルスよりも長い射程を維持できるようになった他、敵城までボスを追い込んでしまったとき、前進して敵の攻撃を受けて全滅する心配がなくなりました。

2つめ
敵にもこの仕様は適用されるので、ブラックマに距離を詰められにくくなります。

3つめ
ノックバックしたときでも存在が残るので、覚醒ムートやキリンなどノックバックしやすいキャラが、赤コアラなどの長い波動を2回続けて受けることがなくなりました。

4つめ
衝撃波と共に出てくる移動が速い敵(天使ワンコやツバメンズ)が、敵城の付近で攻撃をして空振りするので、あまくだり漂流などでツバメンズにキャラを潰されることがなくなりました。


それに対してデメリットは↓。特定の戦法が使えなくなったことは特に要注意ですね。
1つめ
高速キャラのすり抜け、めり込みが不可能になり、狂乱キリンや覚醒ムートなどを無理やり敵の後ろに出すことが不可能になりました。
また、超特急を使った逆襲のカオルくんの高速周回も不可能になりました。

2つめ
似たようなことですが、一部ステージで、ふっとばしを利用して城を先に破壊する戦法がとりにくくなりました。遠方攻撃キャラを使わない限りはボスより後ろに攻撃が当たらないので、狂乱タンク、大狂乱天空、ラストギャングなどをふっとばしキャラで強引に押し返し、城を壊す戦法ができません。
コスモやケサランに頼った戦法がとれないのはつらいところです。

3つめ
コスモのアイデンティティが失われました。
速すぎる移動を逆手にとって、あえてコスモを突っ込ませて、前線よりも奥の敵や城を攻撃することができなくなったので、コスモの超スピード長射程を生かすことが難しくなり、ただの射程が長いキャラになってしまいました。
無駄に突っ込まないのは利点ですが、狂乱トリ、大狂乱天空でこれが出来ないのは辛いものがあります。

4つめ
ふっとばしやノックバックの多さを利用して敵を強引に行動不能にする戦法が、かえって戦闘時間を長引かせることになる可能性があります。行動不能にできるのはいいのですが、ふっとばしやノックバックの最中は無敵状態なので、攻撃は空振りしてしまいます。☆2、☆3のラストギャングや宮木武蔵は城は攻撃できないけどこちらの攻撃が空振りしまくりな時間が増えてしまいます。

5つめ
ブラックマがノックバックでは前進しなくなったことで、あちらから勝手にこちらのキャラの射程内に潜り込んできてブラックマを自滅させることができなくなりました。
チャレンジモードで、ノックバックしたキリンにブラックマが近づいて、いつのまにかキリンがブラックマを倒してたあの現象が起きないということです。

6つめ
覚醒ムートや超特急など、攻撃発生が速いキャラがノックバックした無敵状態の敵にも反応してしまうため、空振りすることが多くなりました。

要検証(完)
突破力が高い敵(バリバリ柱の赤顔やイノシシ、ブンブンなど)に対する有用性 ←キャラの存在はノックバックしたキャラと同じ位置なので、特に今までとは変わらない印象。
衝撃波と共に出てくる高速敵(天使ワンコやブラックマ、ツバメンズなど) ←上記
敵を押し返しにくくなった可能性。特にノックバックが多いナカイくんやブンブンをノックバックさせたとき、狂乱タンクがどれだけ前進してくれるか ←検証が面倒なのでやらないことにしました(笑)。実用上そこまで影響がなさそうに思えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

をっか

Author:をっか
ゲームの進行はかなり遅めでのんびりやるタイプ
スマフォのゲーム『にゃんこ大戦争』『ゆるドラシル』をやっています。
最近はにゃんこ大戦争関連が多めです。

MHFは引退しました。

かうんたー
今いる人
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
当ブログはリンクフリーです。
ニコニココミュニティ
【ニコニコミュニティ】ひまのつぶしば
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。