スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【にゃんこ大戦争】超激レアの評価 その4

9月の連休に怪我をして、1か月ほど実家に戻ってました。それで、戻って久々に書いたのが前回の記事です。
今はアパートに戻って一人暮らし。11月末くらいまでは松葉杖の生活になるらしいです。大変不便ですが、仕事にも戻りたいし実家は暇すぎるのでこうして戻ってきたわけです。アパートが2階なので階段とかで大怪我しなければいいのですが・・・

さて、今回はダークヒーローズのキャットマン、コラボイベントでゲットしたキャラをそれぞれ評価しようと思います。
キャットマンダディ&キャットマンダーク、ミスティカ(メルストコラボ)、生ける伝説(マンボウコラボ)、ユキ(消滅都市コラボ)

ムートの評価をオールAとして考えます。それぞれ利点と欠点がありますから、Sだから全てにおいてムートより優れているということではありません。

2016年1月
未来編の2章後半~3章で非常に活躍するので、キャットマンダディの汎用性をS→SS、エイリアンと天使が同時にでるステージが増えたので、キャットマンダークの汎用性をA→Sに修正しました。




キャットマンダディ
キャットマンダディ

ステータス:S
汎用性:SS
特異性:A
使い勝手:A
総合:S

エイリアンと浮いてる敵に超ダメージ(3倍ダメージ)の特性を持ったキャラ。進化後を含め、対エイリアン特性は未来編や戦争のつめあと以降じゃないと使い道はないですが、浮いてる敵はいつでもいるので結構使いやすいですね。超ダメージ特性持ちのキャラって実はあまり数が多くないんですよね。特に赤。
浮いてる敵に超ダメージのキャラは全部で3種いますが、体力、攻撃力、射程全てが最も優れているのがキャットマンダディです。そのぶんコストと生産時間が多いですが。
射程はウルルンより少し短い440、DPSはウルルンより上です。それでいて3倍持ちなので火力は申し分ないです。浮いてる敵相手なので汎用性も高め。
ただ、突出した特性があるかというとそうではないですね。浮いてる敵を早く倒したい採点ステージではスイマー(バタフライ)とともに大活躍ではあります。スペースサイクロンでは別に妨害キャラが必要な点でも特異性の評価は上がりません。
使い勝手も可もなく不可もなく。
ってところなので、総合評価はSとしました。
そういえばハロウィンキャンペーンでウィンディスイートが出ましたが、ノーマルとスイートのウィンディを足したらダディになりますね。

キャットマンダーク
キャットマンダーク

ステータス:S
汎用性:S
特異性:S
使い勝手:A
総合:S

こちらは進化後。
ステータスそのものは変わらず、こちらはエイリアンと天使に超ダメージ。
浮いてる敵とは違い、天使はレジェンド後半からしか出現しませんが、いずれも白い敵の強化版だったり厄介な敵だったりするので、ステージ毎に切り替えて使うことになります。天使は浮いてても浮いてる敵にはならないのもミソですね。
未来編3章はエイリアンだけではなく、すべての敵が出現するようになり、エイリアンと天使が同時に出てきて厄介な場所が増えました。なので、より後半のステージをやってる上級者の目線で見れば汎用性が上がります。
キャットマンの最大の欠点は攻撃中だと思うんです。格好いいのは確かなんですが、生きてるのかどうかが判断できない場面があるんですよねぇ・・・




ミスティカ
ミスティカ

ステータス:A
汎用性:A
特異性:S
使い勝手:S
総合:S

メルストコラボの超激レアキャラ。2回目のコラボで新しく追加されました。メルストや蹴り姫コラボのキャラは黒い敵特性持ちが多めなイメージがありますね。
特筆すべきは射程690
それでいて非常に常識的なステータス
どういうことかと言うと、射程500以上のキャラは

足が速すぎ&最高のステータスを持ってるけど攻撃のダンスが長すぎるコスモ
移動が遅くて体力もないに等しいハッカー
妨害だけに特化しすぎて再生産も壊滅的なネコルガシリーズ
単体攻撃のテサラン
射程とステータスがちょっと物足りないコニャンダム
という曲者揃いなのですよ。

おかげで色んな編成に入れやすく、敵をほとんど選ばないので汎用性、特異性ともに高いのです。師匠にprprされない貴重な女の子でもあるのですぞ!
黒い敵にめっぽう強い特性なので、黒い敵との相性もいいです。超ダメージの方が旨味はありますが、そこは贅沢なのでしょう。射程負けしてるクロサワ監督に突っ込ませろということでしょうか・・・




生ける伝説
生ける伝説

ステータス:A
汎用性:A
特異性:S
使い勝手:B
総合:A

ムート以上の射程を持ってればそれだけで評価が上がる。
そうコニャンダムの記事で書きました。
しかし、この絶妙なバランスにされると評価が難しいんですよ。体力が低すぎる。
生きろ!マンボウ!とのコラボキャラで、断末魔で攻撃します。原作をしっかりと再現したもんだから体力があり得ないくらい低いです。
射程491なので、ムートで苦戦する師匠やナマケモノには強いですが、ブンブン相手はあまり得意ではありません。
攻撃発生は超激レアの中では非常に早く、頻度も低くはないので攻撃を当てやすいです。自陣の城の手前から徐々に前線を押し上げるような戦い方ならば使い勝手はいいですが、押されながら戦うステージ、敵の城に押し込むステージ(特にぶんぶん)、波動持ちは苦手です。
再生産は早く、金額も安めなのは大きな利点で、射程の長さもあって、徐々に追い込まれるくらいならばなんとかなります。
私の場合、扱いやすいミスティカを当ててしまったもんだから、超遠距離枠がほぼミスティカ固定になってしまったところでマンボウの運は尽きました。超遠距離を持ってない人からすれば、まだまだ現役という人もいると思いますよ。




謎の少女ユキ
ユキ

ステータス:A
汎用性:A
特異性:S
使い勝手:A
総合:A

ウィンディ同等キャラ。ステータスにいくつかの違いはありますが。キャットマンダディの廉価版と言ってもいいのですが出たのはこっちが先。
長らくウィンディの専売特許だった浮いてる敵への超ダメージ特性を持ってやってきた二人目。三人目は上で書いてるダディです。
射程は少し短めですが、浮いてる敵を相手にするのなら問題はないです。
浮いてる敵以外に対してはステータス全般で他のキャラに劣ります。ただ、生産は早く、金額も安いのは利点になります。
私の場合、より強力なダディを持ってるので評価は低めですが、ウィンディもダディも持ってないのならば評価はS相当になると思います。
ダディとユキを同時に出したら浮いてる敵を倒すスピードが圧倒的で、そのおかげでハロウィンステージの最後もスコア4600出せました。


これで私が持ってる超激レアの評価は終わりです。
キャラのステータスが数値化されてない、レア度が高いキャラばかり使っても勝てない、なんだかんだで基本キャラが大事と、他のゲームからすればかなり勝手が違いますが、それがこのゲームの良さだと私は思います。
前の記事でも書きましたが、ゆるドラシルが近いうちに開催されますから、非常に楽しみでしかたありません♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

をっか

Author:をっか
ゲームの進行はかなり遅めでのんびりやるタイプ
スマフォのゲーム『にゃんこ大戦争』『ゆるドラシル』をやっています。
最近はにゃんこ大戦争関連が多めです。

MHFは引退しました。

かうんたー
今いる人
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
当ブログはリンクフリーです。
ニコニココミュニティ
【ニコニコミュニティ】ひまのつぶしば
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。