スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱のネコノトリ 『猪鹿鳥』

にゃんこ大戦争のお話です。

毎月18日はお砂糖18グラム狂乱のネコノトリが出現します。
4月、5月と全然やってなかったネコノトリですが、今回挑戦してなんとかノーコンティニュークリアしました。

Screenshot_2014-06-18-20-13-17.png

クリアパーティーは下の通り
Screenshot_2014-06-18-20-13-32.png

ゴムネコ+13(タンク最終形態)、狂乱タンク、狂乱ネコ、ジェンヌ、ムキアシ+15(キモネコ最終形態)、キングドラゴン+10、ネコムート、ネコライオン+13(ウシネコ最終形態)、ネコ島+11、狂乱ネコダラボッチ

ステータスは
にゃんこ砲攻撃力+8
チャージ+10
働きネコ仕事効率+10
お財布+8
城耐久力+10
研究力+10
会計力+10

狂乱ステージをクリアするのに狂乱を使うのかと言われるかも知れませんが、そうでなければ基本キャラの最終形態が必須クラスだと思います。狂乱ネコはにゃんぴゅーたー放置が可能ですし、タンクと巨神は壁戦法でコンティニューを繰り返せば必ず勝てるので、決して入手難易度は高くないと思います。


ステージの内容は・・・
開始から狂乱トリが出現し、非常にゆっくりと移動してきます。一定時間経過するとナカイくんが1体出現、これ以降は一定時間ごとに湧きます。さらに時間が経過するとイノシャシが出現し、これも一定時間ごとに出現するようになります。
小型の雑魚キャラは一切出現しないので、働きネコの稼ぎにかかってると言っても差支えないでしょう。ネコボンの重要性は言わずもがな。


狂乱トリは範囲攻撃、ムート以上の射程、ほとんどのキャラを1撃で葬り去り、ムートや高額な第三形態キャラですら2撃で仕留める火力を持っていますが、移動が非常にゆっくりで攻撃の頻度も低めですので、取り巻きさえいなければネコやキリンを特攻させるだけで勝てます。ナマケモノやニャンダムに近いと考えればいいでしょう。
つまり、ステージの難易度は取り巻き次第ということ。


だいたいの戦法とかはwiki見ればいいと思います。

なので、この後は私が感じたことを色々書いていこうと思います。



※スニャイパー必須!!

最初に出現するイノシャシに押し込まれて負けたときや、そのあとのトナカイに押し込まれて負けたときは編成や戦法が悪いので、コンティニューせずに素直に作戦を練り直しましょう。
また、2回コンティニューしてもボスの体力が全然減ってなかったときも無理せず編成や作戦を見直しましょう。

どういうことかと言うと、このステージの取り巻きがナカイくんなことに関係があります。
ナカイくんは体力が多いですがヒットバックの回数も非常に多く、なかなか死なない上に、ヒットバックしてネコノトリの射程に誘い込まれてこちらが一掃されてしまいます。
ヒットバックするたびに遠距離キャラが倒されて、ネコノトリにダメージを与えることができないままナカイくんが前進してくる。
このなかなか死なない前衛と届きそうで届かない攻撃、そして目の前で多少前後はしても大きく進退しない前線。これを打破する要素と、イノシャシが出てきても切り崩されない用意、これが必要なわけです。

なので、イノシャシが出たくらいで崩壊する編成は検討の必要がありますし、ボスに手が届かない編成ではいくら続けても勝つことはできません。
ちなみに、イノシャシは何度も出現するので、イノシャシ対策が出来ないうちは挑戦は見送るほうがいいでしょう。


試しに壁キャラ5&遠距離4の編成でやってみましたが、全然安定しませんでした。
どう安定しないかと言うと、壁を量産しながら遠距離キャラを溜めることが不可能なんです。ネコノトリはネコムートよりも射程が長く、ジェンヌ、ムキアシは1撃で、キングドラゴンでも2撃で消滅します。タイミングが悪いとジェンヌやムキアシは攻撃できないままやられますし、ドラゴンやムートの攻撃でナカイくんをヒットバックさせてしまえば、次の攻撃までの時間が長いためにただの的にしかなりません。
ただ、不要かと言うとそうではなく、しっかり壁を維持しながら遠距離攻撃を少しずつ仕掛ける長期戦を仕掛けるつもりでいくとよさそうでした。

編成を簡単に書くと
壁キャラ+遠距離+アタッカー+ムート
でしょうか


・壁キャラ
ゴムネコと狂乱タンクがいれば、あとはネコか狂乱ネコのどちらかで十分機能します。基本的にゴム&狂乱タンクのみ生産、イノシャシが出たときに+1追加程度です。スタートしてすぐに生産でき、足が非常に速い狂乱ネコは、開始直後の足止めにも使えるので持ってて損はないです。
このステージに限らず、ゴムネコ&狂乱タンクの壁は非常に安定します。


・遠距離キャラ(対取り巻き)
イノシャシを倒すまでは金欠との戦いでもありますから、第3形態のほうがコスパがよさそうです。
今回の彼らの役目はナカイくんにダメージを与えることと、イノシャシに切り崩されたときのささやかな万が一の保険です。ネコノトリの相手はできず、ナカイくんがヒットバックしたら遠距離キャラは倒されますので、たくさん用意する必要はないと思います。使い捨ての覚悟で生産しましょう。
壁キャラに枠を割く必要があるのなら、この枠を削ってもいいかもしれません。キモネコ&ドラゴン、もしくはどちらかでいいかもしれません。
ジェンヌはナカイくんが3体以上溜まったときの処理用でしたので、ヴァリキリーで代用もしくは不要。溜まったナカイくんの処理はアタッカーでも兼任できます。


・アタッカー = 敵の猛攻を受け止めつつ確実に高ダメージを与えられる高級キャラ (対ボス&掃除)
私の編成でネコライオン、猫島、狂乱ボッチの枠です。猛攻を耐えながら前進し、ボスや取り巻きを狩るキーマン。ネコキリン、ネコクジラ、ネコダラボッチでは役目を果たせないので、狂乱や第三形態、高級なレアキャラである必要があります。
評価は私の主観です。

ネコライオン:対ネコノトリ◎ 対ナカイくん△ 対イノシャシ×
ネコノトリの攻撃を1度は耐えます。ただしナカイくんの攻撃1発でヒットバックします。取り巻きがいなくてネコノトリに直接攻撃を当てれるのならば非常に頼もしいです。ただ、その機会が少なめなので無理に組み込む必要はないでしょう。狂乱牛がいればそちらのほうがいいかも。

猫島:対ネコノトリ○ 対ナカイくん△ 対イノシャシ○ 対赤顔◎
ネコノトリの攻撃を1度は耐えます。単体攻撃ですが攻撃頻度と攻撃力は高く、器用貧乏なイメージを覆してくれるでしょう。猛攻を耐えつつ確実にダメージを与えることができます。また、イノシャシに対しては攻防ともに役割を果たしてくれます。赤顔に対しても非常に強いので、出陣させる価値は十分あると思います。

狂乱の巨神ネコ:対ネコノトリ◎ 対ナカイくん◎ 対イノシャシ△
ネコノトリの攻撃を1度は耐えます。が、タイミングが悪いと2回攻撃を繰り出す前にネコノトリの攻撃を2回受けて死んでしまうこともしばしば。攻撃力、体力ともに非常に高く、波動が出ればかなりの火力を期待できるのですが、攻撃の出が遅いのがネック。対イノシャシよりも、溜まったナカイくんを処理したりする役目で使っていました。ネコジャラミとは攻撃の出、特性が違いますので、どちらがいいのかはわかりません。(持ってませんのでね)


・ネコムート(対イノシャシ)
主な役割はイノシャシを仕留めること、ついでにナカイくんを掃除しつつ、あわよくばネコノトリに攻撃が当たればいいな♪使い捨てだけど
私はムートしか持ってませんが、超激レアを持ってれば2体くらい入れてもいいかもしれません。
ネコノトリは移動が遅く、ボスも1体だけですから、ネコルガが猛威を振るうのかなぁ?とか思いました。ネコルガ+ジャラミ先輩+スニャイパーでどんどん押し返すことが出来れば・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

をっか

Author:をっか
ゲームの進行はかなり遅めでのんびりやるタイプ
スマフォのゲーム『にゃんこ大戦争』『ゆるドラシル』をやっています。
最近はにゃんこ大戦争関連が多めです。

MHFは引退しました。

かうんたー
今いる人
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
当ブログはリンクフリーです。
ニコニココミュニティ
【ニコニコミュニティ】ひまのつぶしば
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。