スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏飯を作ったよ

先週の土曜日に、久しぶりに鶏飯を作りました。せっかくなのでブログにあげようかと思います。

鶏飯(ケイハン)とは・・・
DSC_0723 2

鹿児島県のご当地料理のひとつ。蒸して(茹でて)細く裂いた鶏肉と錦糸(キンシ)卵、戻して刻んだ干しシイタケをご飯の上に乗せ、だし汁をたっぷり掛けて食べる、丼よりもお茶漬けに近い料理。
発祥は奄美大島で、当時は貴重だった卵や鶏肉を使ったおもてなしのための料理。

だったハズ。うろ覚えですが、奄美大島の料理ってのは確かです。
私の父がまだ未婚で若かったころ、家族で奄美に住んでた時期があったそうで、そのときに祖母が覚えて帰ってきました。そのため、宮崎県民だった私も小さい頃からよく食べていました。祖父が生きてて元気だった頃は実家で鶏を飼っていましたので、絞めたときに鶏飯をよく食べていたのを覚えています。鶏を飼わなくなったら食べる機会は減りましたが、家族全員鶏飯は好きみたいです。特にお父さんが(そりゃお袋の味だもんな)

鶏飯で検索すれば色んなサイトにレシピがありますし、鹿児島市か県かのホームページにもレシピがあったような気がします。
畜産王国の鹿児島県、鶏肉の生産量も日本有数です。大分県の唐揚げや鶏天、宮崎のチキン南蛮が有名ですが、鶏飯は鹿児島県の給食にも出てくる人気メニューらしいですよ。私は宮崎県民ですので給食で食べたことはありませんけどね。
そういや、奄美とこちらとでは使うしょう油が違うって婆ちゃんが言ってた気がする。向こうでは白いしょう油を使って色が薄いだし汁って言ってたと思うけどさすがに覚えてない。

余談ですが、鶏飯と同じ漢字で、とりめしと呼ばれる料理もあるそうですが、あれとは全くの別物です。あくまでもケイハンです。

今回作ったレシピを簡単にあげようと思いますので、気になる方は続きを押してくださいな。(私流なので一人暮らしに無理のないレシピになっています。本家とは若干の違いがありますので、本物を作りたい方は鹿児島市のホームページか何かを見てください。)



◎材料(2~3人前くらい)

・鶏肉(今回はむね肉を使用。ササミでも可。) ・・・200gくらい
・卵 ・・・3個
・干しシイタケ(水で戻す)頭痛と吐き気を催すので私は使いません

だし汁用
・生姜(チューブのおろし生姜でも可)
・しょう油
・酒(お好みで)
・みりん(お好みで)
・白だし(お好みで)

薬味
・ネギ(お好みで)
・刻み生姜(お好みで)
・刻みのり(お好みで)


◎作り方

1.むね肉の皮を取り除き、茹でます。
DSC_0705.jpg

DSC_0708.jpg


2.中までしっかり火が通ったら、鍋から取り出して冷まします。茹で汁は使うので捨てない。
DSC_0711.jpg


3.錦糸卵を作ります。残念ながら私には上手に作れませんので錦糸卵と呼ぶには程遠いものしか作れません。
DSC_0718.jpg


4.冷ました鶏肉を裂きます。結構しんどい作業ですので、椅子に座ってテレビとかでも見ながらのんびりやりましょう。
DSC_0719.jpg

DSC_0721.jpg


5.茹で汁に生姜としょう油を入れて火にかけ、だし汁を好みの味に仕上げます。
人数に合わせて水の量を調節しましょう。ご飯に汁だけかけてもおいしいので、少し多めに作っても大丈夫です。
生姜の風味が好きな人は生姜を多めに、逆にマイルドな味に仕上げたいならば料理酒やみりんを使うといいでしょう。
生姜の入れ方も自由。チューブ、おろし、塊、刻み生姜、薄切り等々、一緒に食べる食べないも考慮して入れるといいでしょう。
DSC_0714.jpg


6.皮は使いません。私はとり皮が好きなので焼きます。
DSC_0716.jpg


7.丼にご飯を盛り、裂いた鶏肉、錦糸卵を乗せ、その上からだし汁をたっぷり掛けて完成!
お好みで刻み生姜やネギ、刻みのりをかけると美味しいですよ。
DSC_0723 2


※ご家庭で食べる場合は、具材は大きい器に入れておき、各々が好きな具を好きなだけご飯の上に乗せて、だし汁も好きなようにかけて食べるとGOOD!実家ではそうやって食べてました。



レシピは以上です!

蒸し鶏と鶏ガラだしを使えればそれに越したことはないでしょう。しかし、結構面倒なのと一人暮らしでは鶏がらスープの消費も大変ですし残飯も増えるので、私はむね肉の茹で汁を使っています。

また、私は椎茸が食べられません。干し椎茸を水で戻すときの匂いを嗅いだだけで頭痛と眩暈を引き起こす程度に無理です。もちろん、食べようものならば嘔吐は必須。アレルギーではないけども体が完全に拒絶してしまうくらいになっちゃいました。なので干し椎茸を水で戻して、その後どうするのかは知りません。知ったところで調理が出来ませんのでね。


全国的にどの程度の知名度がある料理なのかは知りませんが、興味のある方は是非作ってみてください。


それでは
DSC_0724.jpg
ごちそうさまでした!
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

をっか

Author:をっか
ゲームの進行はかなり遅めでのんびりやるタイプ
スマフォのゲーム『にゃんこ大戦争』『ゆるドラシル』をやっています。
最近はにゃんこ大戦争関連が多めです。

MHFは引退しました。

かうんたー
今いる人
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
当ブログはリンクフリーです。
ニコニココミュニティ
【ニコニコミュニティ】ひまのつぶしば
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。